トップ  >  その他  >  大衆演劇

2017年06月22日 大衆演劇


DSC06805.jpg

先日、『大衆演劇』 なるものを初めて観に行ってきました。



DSC06810.jpg  DSC06813.jpg  DSC06818.jpg

DSC06826.jpg  DSC06822.jpg  DSC06831.jpg




今、中高年女性に人気だとTVの報道で知り
どんなものか一度観てみたいと思ってました。
大阪池田の友人の家の近くに老舗の芝居小屋があるので
話のタネにと、二人で行ってみることにしました。

二人とも何の予備知識もなく初体験なので、興味津々。

演じる一座は、10年ぶりに関西に戻ってきたそうで
まだ馴染みがないのか、その日の客の入りは、三分の一程度。
ほとんどがオバちゃん。

歌謡曲に合わせて踊る 舞踊ショー と 
芝居(時代劇) で3時間。
客席からは、手拍子や拍手は起こるものの
掛け声がかかることもなく、割と淡々と進みました。

しかし、さすがに第三部の舞踊ショーになると
客席から立って舞台に近づき、おひねりを渡す人が出てきました。
でも、“さくら”かも?
何と、役者さんの胸元に、一万円札を派手なピンで止め付けるというやり方。
これには、ビックリ。
公演が始まる前に売られる “レイ” を、役者さんの帯に挿むというのもありました。

一座の全員が舞台に上がり踊りまくるフィナーレの後
役者さんたちはすぐに劇場の前に並んで、お客さんのお見送り。
若座長から「ぜひまた来てくださいね!!」と言われ
白塗りの手で握手を求められてしまいました。
これまたビックリ。


観劇後の感想は・・・・
へぇ~こういうもんなんや!! 一度観てみんとわからんなぁ!! というところ。

この先も、大衆演劇に ”ハマる” ということはなさそうですが
今度はぜひ、追っかけのオバちゃんがめちゃくちゃ多くて
会場から黄色い声援がバンバン飛びまくるような
派手で盛り上がりのある公演を観てみたいものです。





スポンサーサイト

土湯温泉 山根屋 | トップページへ戻る | 家庭菜園

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る