トップ  >  花・植物  >  桜の里親

2017年05月30日 桜の里親


DSC02918.jpg



ノルディックウォーキングでお世話になっていた桑折町。

その桑折町の NPO法人「花の郷夢工房」 が
2005年から町の活性化を目指して “花咲か事業” を展開しています。
半田山周辺に15年かけて3万本の桜を植栽するという壮大な計画です。
昨年までに、2300本が植えられたとのこと。

植える桜には “里親制度” というのがあります。
所定の金額を支払って里親になると、桜の木にネームプレートを付け
思い出の記念樹として、10年間大切に管理してくれるそうです。

関西に帰るという私のために、友人がこの制度に申し込んで、桜を贈ってくれました。
今月、桑折町を見下ろす山の中腹に、その桜は植えられました。
10年間の福島暮らしの最高の記念です。

桜の種類は、“ジンダイアケボノ”。
ソメイヨシノを母親に持つ桜で、開花時期や花の形状は
ソメイヨシノによく似ているそうですが
花色はピンクが少し濃く、全体に鮮やかだそうです。

しっかり根付いて、大きく育ってほしいと願っています。
早く花が咲くようになってくれると嬉しいのですが・・・
この先、できるだけ毎年、花の時期に訪ねて
この樹の成長を見守っていくのが楽しみです。







スポンサーサイト

家庭菜園 | トップページへ戻る | イングリッシュローズガーデン

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る