トップ  >  東日本大震災・原発事故  >  明日は、6年目の3・11

2017年03月10日 明日は、6年目の3・11




東日本大震災、福島第一原発事故の発災から明日で丸6年。

宮城・岩手・福島の被災3県以外では、ほとんどの人々の記憶から
消えかけてしまっている感がありますが・・・・
ここ一週間ほどは、マスコミで取り上げられる機会も多いようなので
「あ~ そんなこともあったなぁ」 と思い出している方もあろうかと思います。

6年の月日が流れ、各地の復興も進みました。
人々も前を向いて歩き出したように見えます。

原発被害の福島も、住宅除染が終わり空間線量も下がり
農作物からも基準値以上の放射性物質は検出されなくなりましたし
今月末には、帰宅困難地域を除き、避難指示の出ていた全区域で
指示解除になるなど、発災前の状況に徐々にもどりつつはあります。

しかし、原発事故がもたらした困難な問題は数知れず
除染で出た汚染土の処理、第一原発で増え続けている汚染水の処理
ひいては廃炉、さらには、人々の深刻な心の悩みなど
解決の見えない問題が、未だ山積しています。

私はもうすぐ福島を離れますが、この先もずっと
福島の人たちに寄り添う気持ちを忘れず
力になれることには惜しまず協力し
一日も早い復興を祈りながら
状況を注視していきたいと思っています。





スポンサーサイト

鎌倉温泉 (宮城県) | トップページへ戻る | 送別温泉旅行

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る