トップ  >  その他  >  県 展

2016年06月26日 県 展



DSC05682.jpg



地元の友人の入選の報を聞き 『県展』 (福島県総合美術展覧会)を
見に行ってきました。

日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の一般公募作品の入選作、受賞作などが
展示されています。

今年で第70回を迎えたという歴史ある展覧会。
展示作品はいずれも力作ばかりでした。


写真は、友人の入選作。
花見山の花々をモチーフにした “有線七宝” の作品 「花見山」 です。


私は、この友人に教えてもらうまで ”有線七宝” というものを
知りませんでした。
七宝焼き というのは、よくブローチなどにあるような
表面がガラス質で光っていて、何となく盛り上がった感じのもの
だとばかり思っていたので・・・・
この作品のようタイプを 七宝焼き だと言われても
ピンとこなかったのです。


“有線七宝” というのは、銅や銀などの素地に下絵を描き
その下絵にしたがって細いテープ状の 金属線(主に銀線)を立てて輪郭を作り
その間に釉薬を差して焼成し、さらに研磨して仕上げる技法だそうです。


今回の彼女の作品は、細かい花が一杯描かれています。
想像しただけで、気が遠くなりそうな、細かくて時間のかかる
作業だったことでしょう。
脱帽です。

先日来、県展の他にも、先輩のパステル画の作品集を見たり
後輩のイラスト画の作品展を見に行ったりたりと
アート作品に触れる機会が続きました。
作品で、自らの想いを表現できる彼らをとても羨ましく思います。

スポンサーサイト

美味しいソフトクリーム ささき牧場カフェ | トップページへ戻る | 荒井のアヤメ園

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る