トップ  >  温泉  >  追分温泉 (宮城県)

2016年04月25日 追分温泉 (宮城県)



DSC05427.jpg


21日に訪ねた 「追分温泉」 は、石巻市の北上川河口から登米市に通じる
県道64号線の峠の中腹にある一軒宿。
昔の学校を思い起こすようなレトロなの佇まいです。

                             DSC05423.jpg

終戦直後に、金の鉱脈を探していた人が、掘削した坑道から出る水を沸かして
湯治湯を開いたのが始まりだとか。


浴室に、温泉成分表が掲示されていなかったので
確かな泉質は不明ですが、冷鉱泉だと思われます。
加温循環で塩素消毒あり。
お湯そのものは、イマイチですが・・・

樹齢500年のカヤの木の浴槽、
地元雄勝産の玄昌石が敷き詰められた洗い場、
北上川河畔でとれる葦が使われた天井と
浴室のつくりはなかなかいい感じ。

    DSC05428.jpg


窓からは、満開のソメイヨシノが眺められ
過ぎ行く花の季節を惜しみながらしばし湯につかりました。

    DSC05433.jpg


山中の宿ですが海に近いとあって
夕食にはウニ、エビ、カニ、アワビ、ホタテなど
新鮮な魚介類が並び、楽しめました。
スポンサーサイト

「仏都会津」 「安積疎水(あさかそすい)」 日本遺産に認定 | トップページへ戻る | 喜多方のシダレザクラ並木

このページのトップに戻る

コメント

いいとこですね

見るからによさそうな風情のおんせんその上おいしいもんもあり
いいとこですねー

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る