トップ  >  東日本大震災・原発事故  >  除 染 

2015年10月07日 除 染 


DSC04473.jpg



何の写真か?お判りになりますか?

答えは 『除去土壌』 です。

住宅の除染作業で出た汚染された土です。
除染後は、当面、自宅の敷地内に写真のようにシートで覆い保管することになります。
仮置き場や中間貯蔵施設などに搬入できるようになるまでということですが
なかなか進まないようです。

原発事故から早4年半以上が経ちました。

「まだ除染なんてやってるの??」という声が聞こえて来そうですが・・・
福島市は、来年の3月末までに全市の除染を完了したいとしていて
9月1日現在の進捗率は72.3%とのこと。
放射線量の比較的高かった市の東部から始まり
現在は拙宅のある西部地区で作業が進められています。


  DSC04474.jpg  DSC04475.jpg


写真のような光景を近所でもあちこちで目にするようになりました。
放射性物質に汚染されていることを再確認させられているようで
気分のいいものではありません。

世間ではすっかり忘れられた感がありますが
第一原発では、汚染水タンクは増え続けているし、廃炉の目処も立っていません。
避難生活を強いられている住民もまだまだ多いという状況が続いています。

なのに、鹿児島では川内原発が再稼働し、他の原発も再稼働に向けた動きが盛んです。
ホントに懲りない人たちです。
福島では、みな溜息をついて見ています。
スポンサーサイト

錦秋の秋田、岩手へ | トップページへ戻る | 今年の十六夜の月は「スーパームーン」でした

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る