トップ  >  温泉  >  二岐温泉 大丸あすなろ荘

2015年08月16日 二岐温泉 大丸あすなろ荘


DSC04351.jpg


二岐(ふたまた)温泉は、中通と南会津地方を分ける山地にある秘湯です。
久々に訪れました。

「大丸あすなろ荘」 の自慢は “自噴泉の岩風呂” と “渓流沿いの露天風呂”。

私のお気に入りは ”自噴泉の岩風呂”。
湯小屋の扉を開け、階段を下りていくと湯船があり
湯船の底の岩の間から透明なお湯が湧き出ています。
泉質は、カルシウム-硫酸塩泉。
生まれたての新鮮な温泉は、何とも気持ちがいい!!
最近改装されたらしく、小屋も脱衣場もきれいになっていましたが
野趣が無くなりチョッと残念でした。

DSC04343.jpg   DSC04346.jpg
        <自噴泉の岩風呂>                    <渓流沿いの露天風呂>



残念といえば・・・・・
この宿、以前に2回宿泊したことがあり、私の中では評価が高かったのですが
今回は正直ガッカリしました。

接客態度が悪いというわけではないし、掃除が行き届いてない
というわけでもないのですが、兎に角、宿全体に活気が感じられません。
以前はお客さんから「すご~い!!」と声が上がるほどだった
夕食の内容もおざなりになってしまっていました。

お盆前の休前日にもかかわらずお客さんもさほど多いとは思えず
以前の賑わいは何処へやら。
建物が鉄筋コンクリート3階建てと立派なだけに、寂れた感が否めませんでした。

3.11の影響がまだ色濃く残っているのでしょうか。
『日本秘湯を守る会』 の会長さんが経営されている宿だけに
どうなってしまったのかと案じつつ帰途につきました。
スポンサーサイト

涼しくなりました!! | トップページへ戻る | 猛暑日、森の中を歩く

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る