トップ  >  その他  >  阪神淡路大震災から20年

2015年01月23日 阪神淡路大震災から20年




1月17日。
「阪神淡路大震災」 が起こってから20年が経ちました。

私は、西宮の家で被災しました。
幸いにも命も家も無くさずに済みましたが
被災地の真っ只中にいました。
あれから20年。
長い年月が過ぎましたが、あの時の様々な光景は
今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。


この17日、関西の各TV局では一日特番が放送されました。

震災などなかったかのように見事に復興した街並み
工場の倒壊を乗り越え、事業を盛り返した会社
家族を亡くした悲しみに打ち勝って新たな歩みを始めた人
被災の経験を語り継がなければとの思いで「語り部」になった人
今でも子供を亡くしたことで自分を責め続けている母親
目の前で妻が焼死するのを助けられなかった無念さに苛まれている人
仮設住宅の手当てを担当し、その後も被災者に寄り添ってきた市職員
立派に建て替わったもののかつての住民が戻らず閑古鳥が鳴いている商店街
自治体が民間から借り上げた復興住宅の返却期限がせまり今また退去を求められている人
・・・・・

どの報道を見ても、あの頃の色々なことが走馬灯のように思い出され、涙しました。


そして、4年前の2011年3月11日。
福島で 「東日本大震災」 を経験しました。

2つの大きな震災の経験から学んだことはたくさんありました。
何時何が起こるかわかりません。
一日一日、自分のためにも他人のためにも
手を抜かず、出来ることを精いっぱいやって
悔いを残さない過ごし方をしようと
20年目の1月17日に意を新たにしました。


スポンサーサイト

今日の 吾妻山大穴火口 | トップページへ戻る | 白布温泉 東屋 (山形県)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る