トップ  >  温泉  >  土湯温泉 福うさぎ

2014年11月18日 土湯温泉 福うさぎ


DSC03245.jpg



土湯温泉の宿は、震災の影響でこれまでに数軒が廃業。

私のお気に入りだった 「富士屋」 「天景園」 も無くなってしまいましたが
「天景園」 は、浜通りの松川浦で旅館を経営する方が買われ
「福うさぎ」 と名前を変え、昨年12月にリニューアルオープンしました。

オープン時の広告に、 「ジェットバス」 や 「白濁の湯」 をはじめ
12種の湯が楽しめる云々とあったので
あ~ぁ温泉のテーマパークの様にしてしまって・・・と
ガッカリしました。

「天景園」 時代の、自家源泉の炭酸水素塩泉の
あのお湯はどうなってしまったのか?
あの源泉かけ流しは二度と味わうことは出来そうにないと思い
ずっと行く気になれずにいました。

しかし、まぁ一度は行ってみるべきだと思い直し
先日重い腰を上げて訪ねてみました。

宿の外観は以前と変わらないものの、内装は全面的に替えたようで
フロントから廊下、エレベーターの中まで畳敷きになり
グッと明るい雰囲気になっていました。

浴室は大分広くなり、何故かガラスの引き戸で仕切って2室に。
そこに 「かけ湯」 から始まり、「サウナ」 まで、確かに12種類の湯がありました。

その中の 「あつ湯」 と 「ぬる湯」 は、何と嬉しいことに
あの自家源泉の炭酸水素塩泉のかけ流し。
「天景園」 の湯船を思い出しながら 心行くまで湯あみを楽しみました。
その他の湯にも一応入ってみましたが、私にはこの2つの湯だけで十分です。

他のお客さんはという、一番人気は 「白濁の湯」 次が 「ジェットバス」。
「あつ湯」 と 「ぬる湯」 にゆっくり入る人はほとんどいませんでした。

入浴料は900円。
ちょっと高めですが、いろいろなお湯が楽しめるし
一階に休憩所があり食事もできるようなので
その気になれば一日過ごすこともできそうです。

訪ねた日は、夜に結婚式の披露宴が入っていたようで、結構な賑わい。
なかなかお商売上手なのかもしれないなぁと思いながら帰途につきました。

またちょくちょく行ってみたいと思います。

                         DSC03251.jpg
スポンサーサイト

峠は冬到来 | トップページへ戻る | 会津 身不知柿(みしらずがき)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る