トップ  >  自然  >  吾妻山の火山活動

2011年10月30日 吾妻山の火山活動


CIMG5907.jpg



少し遡りますが、10月4日の夜、吾妻山で 火山性微動(地震とは異なる火山特有の振動)
が発生したとのことです。

吾妻山では、3年前の 2008 年11 月11 日に、一切経山の大穴火口から
噴気が勢いよく噴出し、それ以降、高さ50~700mの高さまで上がる状態が続いています。

3月11日の大震災後、夜間に高感度カメラで、大穴火口が明るく見える現象を
たびたび観測しているとか。

仙台管区気象台火山監視・情報センターでは 「火山活動がやや高まっているものの
ただちに火口周辺に影響を及ぼす噴火につながるものではない」 としているそうです。



とはいえ、今回あれだけの地殻変動が起こったのですから、震源地からさほど遠くない
吾妻山に影響があってもおかしくはないのでは???

雲がとれ、一切経山がくっきり見える日には、噴気の上がり方が気になるこの頃です。
スポンサーサイト

会津ころり三観音 | トップページへ戻る | 鎌先温泉(宮城県)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る