トップ  >  その他  >  鉄腕アトムも原子力

2011年06月30日 鉄腕アトムも原子力

鉄腕アトム


このところ、原発関連の本をあれこれ読んでいます。

その中の一冊に ”『鉄腕アトム』 は、体内の小型原子炉のエネルギーで
動いているという設定になっていた” と書かれていて、ビックリ。

この歳になるまで、知りませんでした。

「ジェットエンジン」「10万馬力」というのは昔の主題歌の文句に
あったような記憶がありますが、まさか原子力だったとは。



 いろいろな本を読むうちに 『鉄腕アトム』 のことはもとより
原子力について何も知らなかった自分に気付きました。

正直なところ、原爆は絶対に許せないけど、平和的利用ならいいんじゃない・・・
くらいにしか思っていませんでした。

”原発建設” も ”高速増殖炉 もんじゅ” も ”プルサーマル” も
”六ヶ所村の再処理施設” も詳しく知ることも無くスルーしてきました。

25年前のチェルノブイリ事故発生時、まさにソビエトの上空を通過し
フィンランド経由でドイツに10日ほど滞在していたのにもかかわらず
原発事故について真剣に考えたこともありませんでした。

自分の不明を恥じるばかりです。


人間は原爆や原子炉によって放射能を生み出すことはできるようになったけど
一度生み出してしまった放射能は、人間の手で消すことができない・・・・・

今回の福島原発の様にひとたび何かが起これば人間の手には負えない
これほどの危険性を孕んだものの扱いを、今まで適当に受け流してきたことを
猛省しています。

米のジャーナリスト ジョナサン・シェル氏は、昨日の新聞に
   原子力発電には完全さが求められるのだ。
   間違いを犯しがちな人間と、われわれには制御不可能なパワーは
   根本的に不釣り合いなのだ。
   「フクシマ」はそのことを世界に教えてくれた。
と、書きました。  

原発に 賛成、反対 色々な考えがあっていいと思いますが・・・・

これまで、原発の恩恵を受けながら安穏に暮らしてきた多くの人達に
今一度、原子力について勉強し、真剣に考え、一人ひとりが
原発に対しての自分自身の考え方をしっかり持ってほしいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

シャラノキ | トップページへ戻る | ぶらり会津若松

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る