トップ  >  果物  >  今シーズン最後のモモ

2010年10月04日 今シーズン最後のモモ

CIMG3929.jpg



農協の直売所で 「甘いから食べてみて!!」 と試食を勧められました。

えっ?? モモ??

一切れいただいてみると、お勧め通り甘くて美味しい!!

「値段は高いけど珍しいもんだから」 と言われて値段を見ると
何と2個で 1,000円。
恭しく英字をあしらったオシャレなデザインのパッケージ入り。

えらい高いやん!! と言うと 「家庭用の2個580円のがあるから」 と
押されて、ホントは梨とブドウを買うつもりだったのに・・・・
モモを買ってしまいました。

『さくら白桃』 というモモです。

極晩熟種で、長い期間、木で熟成させているため、養分をたっぷり吸い
甘くて豊かな味になるそうです。

果肉の色がほんのりピンクがかっていることから 『さくら』 の名になったとか。

栽培に手間暇がかかり、ロスも多いそうで生産者が少なく
店頭ではめったにお目に掛れない希少品種だそうです。

今シーズンの最後に、美味しい珍しいモモに出会えてちょっぴりシアワセでした。


★ モモ の むき方  <その2>

  昨年、モモ を リンゴ や 梨 のように、くし型にむく方法
  (半割にして種を取り除いた後、くし型に切り分ける) をご紹介しましたが
  もっと簡単で、失敗が少ない方法を教わったのでご紹介します。
  かたいモモでも柔らかいモモでも、上手にくし型にむけます。

  まず、モモの割れ目に沿って切り込みを入れます。
  次に、8分の1の大きさになるよう切り込みを入れ、種から引きはがすように
  切り取ります。
  そのあとは、8分の1の大きさずつ切り取っていき、皮をむきます。

                       CIMG3930.jpg

  来シーズンは、ぜひこの方法をお試しください。
  無駄もなく、美しい形に切り分けられますよ。
スポンサーサイト

喜多方 | トップページへ戻る | 猛暑と雨の影響

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る