トップ  >  歴史・文化  >  喜多方

2010年10月06日 喜多方

CIMG3818.jpg


先日、何年ぶりかで 『喜多方』 に行ってきました。

『喜多方』 は、会津地方の北部に位置し
福島市からは車で1時間30分強の距離です。

全国的には ”喜多方ラーメン” でお馴染みだと思いますが
実は 『喜多方』 は、東日本随一の ”蔵のまち ”なのです。

”喜多方ラーメン” をここまで有名にしたのも、もとはと言えば
蔵の写真を撮るために訪れた多くの観光客だとか。


明治時代 「男40にして立派な蔵を建てなければ一人前ではない」
とまで言われたほど、喜多方の人々は蔵を持つことに憧れたそうで
商家、農家、職工などあらゆる生業の家が競って蔵を建てたとのこと。

座敷蔵、店蔵、醸造蔵、漆器蔵から厠まで、様々な用途と表情を持つ
個性豊かな蔵が、市内におよそ4,100棟もあるそうです。

     
      CIMG3828.jpg CIMG3839.jpg 

      CIMG3841.jpg CIMG3837.jpg



公開されている座敷蔵を見学したり、店蔵で田楽をいただいたり・・・
蔵が多くある ”おたづき蔵通り” から ”ふれあい通り” をひと廻り。
約5時間、1万歩ほどの散策でした。


       CIMG3822 (0) CIMG3823 (0)




街中にひしめくラーメン店の中には、時分どきを過ぎても
観光客が行列をなしているところが何軒もありましたし
市役所周辺の駐車場には次々に車が入ってきていました。

『蔵』 と 『ラーメン』 の2本立てで 観光客の誘致に成功しているように
お見受いたしました。

                      CIMG3826.jpg
スポンサーサイト

クマもカモシカも | トップページへ戻る | 今シーズン最後のモモ

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る