トップ  >  施設・店  >  旧佐久間邸

2010年07月15日 旧佐久間邸

旧佐久間邸



『旧佐久間邸』 は、佐久間家の現当主が、庄屋屋敷であった旧母屋と敷地を福島市に寄贈され
この7月4日に福島市の市民交流の場として開館しました。

場所は、市の西部、佐倉下の静かな田園の中。

建物は江戸時代に建築されたものらしく270年以上の歴史があるとか。
屋敷の周りは、すぐ近くを流れる荒川の水を引き込んだ堀に囲まれているなど
庄屋屋敷の面影を残しているといわれています。

     長屋門  母屋

     堀  防風林



「市民の憩いの場として活用してほしい」 との寄贈者の思いを受け
市では、駐車場やトイレを整備し新たな交流施設として、市民に大いに利用してほしいとしています。

施設の見学は無料、団体であれば和室を午前中は400円、午後は500円で借り切ることも
できるようです。

     屋内  屋内




私がよく通る道路から少し入ったところにあるので、のぞいてみました。
建物も、庭の赤松も、周囲にめぐらされた堀も、防風林もそれなりの風情がありました。

土曜日の午後でしたが、見学者はまばら。
市民の ”交流の場” として・・・と言うものの、どのような活用の仕方があるのだろうかと
考えてしまいました。





スポンサーサイト

磐梯吾妻スカイライン | トップページへ戻る | こんにゃく芋

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る