トップ  >  自然  >  磐梯朝日国立公園

2010年06月25日 磐梯朝日国立公園

磐梯朝日国立公園  <福島民友新聞より>


『磐梯朝日国立公園』 が、国立公園に指定されて今年で60周年になります。

国立公園とは
    ”同一の風景型式中、我が国の景観を代表すると共に、
             世界的にも誇りうる傑出した自然の風景であること ”
を条件とし、現在全国で29か所が指定されています。

『磐梯朝日国立公園』 は、福島、山形、新潟の3県ににまたがり
国内では3番目の広さを誇る国立公園です。

上の地図の ピンクの部分 福島県がメーンの 「磐梯吾妻・猪苗代地域」
黄色の 「出羽三山・朝日地域」、 ブルーの 「飯豊(いいで)地域」
の3つの地域から成っています。


「磐梯吾妻・猪苗代地域」 には、 よくご紹介する 吾妻連峰 をはじめ、 磐梯山、
明治21年の磐梯山の大噴火でできた 裏磐梯の湖沼群、 猪苗代湖、 安達太良山 
などの雄大な景勝地が目白押しです。

できるだけあちこち訪ね、豊かな自然に恵まれたこれらの景勝地をご紹介していきたいと思っています。
            

             裏磐梯 <桧原湖と磐梯山>

            
             雄国沼湿原 <裏磐梯 雄国沼湿原>

             猪苗代湖 <猪苗代湖>
              *上の3点の写真は、フリーフォトより借用しました


スポンサーサイト

福島市 民家園 | トップページへ戻る | 福島人は早起き

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る