トップ  >  生活  >  彼岸花

2010年03月08日 彼岸花

彼岸花



早いもので、来週の18日は彼岸の入りです。

春のお彼岸が近くなると 造花の 『彼岸花』 が売られるようになります。

枝は竹、花と葉は木を薄く削った ”へぎ” に着色したもので作られています。

これも、福島に来て初めて目にしたものです。

昔は、春の彼岸の頃はまだ寒く、生花が手に入らなかったため
代わりに造花をお供えしたそうです。
これは春だけで、秋の彼岸には生花をお供えするとのこと。

今では生花も入手できますが、昔からの風習で 造花の 『彼岸花』 を
お供えするお家も結構あるようです。

寒い地方ならではの生活の知恵ですね。
スポンサーサイト

土湯温泉 富士屋 | トップページへ戻る | 今朝の吾妻小富士

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る