トップ  >    >  生寿司

2010年03月03日 生寿司

生寿司



福島に来て 『生寿司』 と書かれているのを初めて目にしたときには
え~っ!!! どんなお寿司なん??
ひょっとして ”きずし” のことやろか?  と思ったのですが・・・
(”きずし” は、関西ではしめ鯖のことです)

何と 『生寿司』 は 『なまずし』 と読み、”にぎり寿司” のことでした。

これにはビックリ。

調べてみると、北海道の方言のようです。

大阪人が小樽の寿司屋で『生寿司』と書かれたメニューを見て注文し
どんな寿司かと思って楽しみに待っていたら
普通の握り寿司が出てきてがっかりしたという話もありました。

北海道の方言が、なぜ福島で使われるようになったかは、わかりません。

ちなみに、他の寿司は、”海苔巻き” ”いなり寿司” ”ちらし寿司” ”手巻き寿司”
と表現されています。
スポンサーサイト

かぶれ菜 | トップページへ戻る | 三月の雪

このページのトップに戻る

コメント

生寿司

はい、北海道では
握りのことを生寿司と呼んでいます。

東北地方と北海道は結構つながっているかもしれませんね

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る