トップ  >  観光・祭り・イベント  >  小正月

2010年01月14日 小正月

だんご市
<福島稲荷神社 だんご市  写真:福島民報


都会では小正月の行事を目にすることも少なくなりましたが
福島では、古いお札やお守り、松飾などを御神火で焚き上げる 『どんど焼き』 や
『だんごさし』 の伝統行事が行われます。


『だんごさし』 とは関西人にとっては聞きなれない言葉なのですが・・・・
これは、ミズキという木の枝先に紅白の団子を挿し、五穀豊穣を願うものだそうです。


伝統行事を子ども達に伝えようと、市内の学習センターや幼稚園などでは
小正月の習わしを学んだり、『だんごさし』 を体験するイベントが開かれてます。
だんごさし 


また、福島稲荷神社で小正月の恒例として開かれる ”だんご市” では
無病息災、家内安全などの願を込めて小正月の縁起物として 「だんごさし」 が売られます。

縁起物の「だんごさし」は、ヤナギやミズキの枝に、”船せんべい” と呼ばれる
もち米でできた紅白のだんご、鯛や小判、えびす様などカラフルな飾りがつけられています。
家庭の神棚などに1年間飾ることで様々な厄を払ってくれるそうです。

スポンサーサイト

秘湯の宝庫 福島 | トップページへ戻る | 凍み豆腐

このページのトップに戻る

コメント

餅花に、似てるけど、それより豪華ですよね。
「だんごさし」の、おだんごは、
「戎さん」の飾りみたいに、神棚に飾るだけですか?

それとも「どんと焼き」のたき火で焼いて
食べるのですか?
v-275の肴には、なりそうもないしなぁ気になります。

コメントの編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る