トップ  >  果物  >  いちご

2010年01月08日 いちご

JA店頭のいちご


JAの直売所に 『いちご』 が並ぶ季節になりました。

子どもの頃 『いちご』 というと、春から初夏が旬の季節的な果物でしたが・・・・

露地栽培が中心だった30年ほど前までは、4月~6月が出荷の中心だったものが
新品種の開発やハウス栽培の普及で通年収穫できるようになり
現在では、12月から4月が旬の出盛り期だそうです。

『いちご』 の歴史は古く、石器時代にはすでに野生種を食べていたと見られています。
18世紀にオランダで栽培用品種が開発され、江戸時代末期には長崎に伝わったものの
定着せず、日本で一般的に食べられるようになったのは明治以降のことのようです。

『いちご』 の品種はかなり多く160種以上が登録されているそうです。

10年ほど前までは、西の 「とよのか」、東の 「女峰」 と言われ人気を二分していたようですが
現在は、この2種を交配した 「とちおとめ」 が日本一の生産量を誇っているそうです。

福島の 『いちご』 の生産量は桃やナシ、りんごなどに比べるとずっと少ないですが
県のオリジナル品種も開発されています。
”ふくはる香”  ”ふくあや香” という可愛らしいネーミングの 『いちご』 です。
今のところ生産量が少ないらしく、まだお目にかかってはいませんが・・・・・

福島市の 「四季の里 いちご園」 の ”いちご狩り” も明日の土曜日から始まります。いちご園
スポンサーサイト

ちぢみほうれん草 | トップページへ戻る | 雪景色

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る